アイティエルエス TOP ≫ BLOGS

ダイアリー - BLOGS -

蒲田日記: ITLSメンバーが投稿する(仕事にはあまり関係ない)日々の一コマです

小学館学年誌のふろく

2017-07-14


小学館のカルチャースクール受講のため、神保町の小学館ビルを訪ねました。
昨年できたばかりの新社屋です。

 

地下鉄の神保町駅から直接入ることができます。
入り口には、かつての学年誌の紙製ふろくがたくさん展示されていていました。

 

昭和30年ごろまでは、おとぎ話やお節句にちなんだふろくが多かったようですね。

 

昭和40年代に入ると、女の子には着せ替え人形、男の子には怪獣ブームが到来します。

 

昭和50年代は、王選手にピンクレディー。
小生はちょうどこのころ学年誌を読んでいたので、懐かしく感じます。

 

時代がかわって、ふろくに取り上げられるキャラクターもゲームのものが増えました。

 

このあたりから小学生の学年誌離れが加速し、現在は「小学一年生」と「小学8年生」(学年を問わない小学生向け雑誌)
のみとなっているようです。

今の子供に「紙のふろくで遊べ」と云っても、難しいからでしょうね。(YY)


Top


-ビジネス翻訳、IT翻訳ならITLS-