アイティエルエス TOP ≫ BLOGS

ダイアリー - BLOGS -

蒲田日記: ITLSメンバーが投稿する(仕事にはあまり関係ない)日々の一コマです

「束見本は夢をみる?」展

2018-03-22


箱崎に伺ったさい、お昼の時間を利用して茅場町で開催されている『束見本は夢をみる?』展を見学しました。

 

会場はペーパーボイス東京(平和紙業東京本店)で、箱崎町から運河を渡り徒歩数分のところです。

 

 

さて「束見本(つかみほん)」とはなんでしょうか?

「束見本」とは、本を作る際、製本されたときの仕上がり具合や厚さ、重さを確認するため、

実物の用紙を使って作る見本です。

 

内容はまだ印刷されていないので、ほぼ白紙の本である場合が多いのですが、

今回の展示ではその白いページをいわばキャンバスとして使い、

グラフィックデザイナーやイラストレーター、編集者などの方々がさまざまな表現をなさっていました。

 

 

展示は撮影することもでできますし、手に取って風合いなども確かめることができます。

1冊ごとに異なるイマジネーション、自由な発想に引き込まれました。

 

この展示は2018年3月30日(金)まで開催されています。(※日祝休み)

http://www.heiwapaper.co.jp/shop/2018/03/-do-dummies-dream.html

(YY)


Top


-ビジネス翻訳、IT翻訳ならITLS-